2000年衆議院選挙アンケート

6月13日に公示された衆議院選挙を前に、保育園を考える親の会では保育制度に
関するアンケートを各政党に実施いたしました。
NHKのニュースによると、今回の選挙にかかる予算は総額745億円。
1議席当たり1億5千5百万円強。
有権者1人当たりは740円程度です。
この1票の重みを感じつつ、子どもの未来のために、是非6月25日(日)には投票所へ足を運んで頂きたいと、 親の会では考えています。
このアンケートを判断材料のひとつとしてお役立ていただけるとうれしいです。



アンケートの方法と本文
アンケートは、時間的制約から、対象を小選挙区立候補者ではなく各政党とし、メール(保守党のみファックス) にて送付いたしました。
質問項目も極力絞り込み、
(1)仕事と子育てを両立するために緊急に改善が必要だと思う施策、特に認可保育園の
   受け皿拡大と労働時間短縮に関して(選択肢からいくつでも選択)
(2)認可保育園への民間参入の是非とその理由(選択肢からいくつでも選択)
(3)総合的育児サポートシステムの具体策(自由記述)
の3点について伺いました。
政党からの回答
選択肢に対する回答を表形式に、また、各党からよせられた独自の政策や視点については
政党別のサブページに、頂いた回答をそのまま掲載しました。



icon 親の会とは? 機関紙『つうしん』
icon 最近の催し・今後の予定 icon 保育園の基礎知識
icon ボイスフロム親の会 icon オピニオン
icon 本の紹介 icon リンク集

btn to mail btn to enter oyanokai