保育園を考える親の会home 保育園に子どもを預けて働く親のネットワーク

保育園の基礎知識

このページは、保育園のことがよくわからないというビギナーのためのページです。

  1. 保育サービスの種類

    保育園(保育所)や個別保育の種類は?
      親の会編「保育園選びのチェックポイント」はこちら

  2. 保育園の開所時間

    そもそも何時から何時まで預かってもらえるの?

  3. 保育園の受入年齢

    いつから預けられるかしら?

  4. 認可保育園の入園決定まで

    どうやって申し込むの?

  5. 認可保育園で間に合わないとき

    認可がだめだったらどうしよう?

保育サービスの種類

●施設型保育

認可保育園

広さや設備、職員の数や資格、保育内容について、国が設けた最低基準をクリアして認可された施設。国や自治体から運営費が大幅に補助されている。ほとんとのところで園庭や調理設備が整い、保育料は所得に応じて軽減される。幼稚園教育要領と同様の保育所保育指針に基づいた保育が行われている。

*申し込みは役所窓口へ

公立 市区町立で、職員は公務員。市区町村内で人事異動があるので、園による違いが少ない。労働条件がよくベテランの保育士が多いのも特徴。最近、公設公営だった園が公設民営になるケースがふえている。
私立 設備・人手などハード面の基準、保育料は公立と同じだが、保育内容は園長先生のカラーで個性があり、よいところとイマイチのところの差が大きい。延長保育、産休明けの実施率が高く、日常的にもいろんな面で融通が利きやすい園が多い。
認可外保育園

認可保育園以外の保育施設を総称して認可外(無認可)保育園と言う。保育ママに近い託児もあれば、かなりの補助金を受ける準認可園的施設もある。ベビーホテルのチェーン店もここに含まれる。園庭がなかったり、設備が不十分な施設も多いが、小規模の利点を生かして家庭的な保育を行って評判の高い施設もある。施設の名称だけでは、認可・認可外、補助金の有無などの種別はわかりにくい。

*申し込みは直接施設へ

自治体の助成施設 東京都の認証保育所保育室などのように、自治体が補助金を出している施設。自治体によって、小規模保育施設、横浜保育室などの名称はさまざま。施設や人員について基準がある。小規模・少人数で低年齢児を預かるところが多いが、ビルの中の保育で、園庭がないところも多いので、散歩など、施設面を補う保育をしているかどうかが、チェックポイントになる。
事業所内保育所
(企業内・院内)
事業主が従業員のために設ける保育園。企業内保育所もあるが、院内保育所が多い。都市部では子連れ通勤がネック。いざというときに、すぐに駆けつけられること、職場の勤務時間や勤務日に合わせた保育をしてくれるのがメリット。
ベビーホテルなど 補助金を受けていない託児施設で夜間や24時間の保育や一時預かりを多く取り入れているところを、ベビーホテルと呼ぶ。個人運営、企業運営などがあって、質も料金もさまざま。運営費は利用者の払う保育料のみに頼っており、役所の干渉も少ないため、子どもの心身の発育に望ましくない施設もある。十分な見学が必要。
幼稚園 幼稚園は、本来、3歳以上児を対象に日中4時間程度の保育を行ってきたが、保育園ニーズが急増するなか、私立を中心に夕方までの「預かり保育」を実施するところがふえている。 幼稚園の預かり保育 保育園並みに、毎日、午後7時ごろまでの保育を行っている幼稚園もある一方、預かり保育を行う曜日を限定していたり、夏休みなど長期休暇中はお休みだったり、時間も5時までというものも多い。
幼保型 平成18年から設けられた「認定こども園」は、幼保一体化をめざした制度。実際には、幼稚園、保育園、認可外助成施設の制度の乗り合いになっている。 認定こども園 親の就労の有無にかかわらず、すべての子どもが対象。保育園並みの開所時間になるもの思われるが、園によって運営形態は多様になりそう。保育園と幼稚園の両方の認可のもとに行われる「幼保連携型」が望ましいが、幼稚園認可のみの「幼稚園型」の場合には、調理室がなかったり、3歳未満児保育に補助金がおりないため、利用者の保育料だけで運営しなくてはならないなど、保育園よりも条件が悪くなる可能性がある。

●個別型保育

市区町村の保育ママ

*保育ママのベビー
ルームについてはこちら
東京都では「家庭福祉員」と言われる制度。
認定された保育者(主に保育士、幼稚園教諭、教員、看護婦など有資格者)が自宅で保育する。
対象は2〜3歳までで、保育者1人で子ども3人まで預かり、市区が助成している。 申し込みは市・区あるいは直接保育ママにする。
ファミリー・
サポート・センター
市ごとに設けられたセンターが、地域住民に募って、子どもを預かりたい会員、預けたい会員を登録し、斡旋する。 地域の相互援助活動なので、主に二重保育、病児保育、一時保育など補完的な役割を果たしている。原則として保育者の自宅で保育する。
*ファミリーサポートセンターの説明は、
財団法人女性労働協会ファミリーサポートのページ
*検索は、
同 検索ページ
ベビーシッター

*ベビーシッター利用
補助券についてはこちら
ベビーシッター会社によって依頼者の自宅などに登録されたシッターが派遣される。 首都圏ではベビーシッター会社の数も多く、いつでも頼める状態。 シッターの質や料金は会社によってさまざま。
*ベビーシッター協会加盟の業者一覧・ベビーシッター利用補助券については、
社団法人全国ベビーシッター協会
*そのほかの民間の保育グループの検索は、
財団法人女性労働協会検索ページ
民間保育ママ 原則として保育者の自宅で保育する。 互助組織が子どもを預かりたい会員と預けたい会員を登録し、斡旋する。エスクが元祖だが、 NPOや生協の互助組織などもある。
エスクのホームページ

保育園の開所時間

  • 0才児の保育時間を、「通常の保育時間内のみ」(延長保育不可)としている園も
    あります。
  • 「延長保育」には定員がある場合も多く、希望者が多いとワクに入れないことがあります。
  • 認可保育園の延長保育料は、月ぎめの場合、平均保育料の1割程度になっている場合が多いようです。「スポット利用」といって、必要なときだけ申し込んで、回数で料金を支払うシステムを導入する園もふえています。

保育園の受入年齢

 認可も認可外も0歳児から受け入れているところが多数派ですが、認可保育園の中には、1歳以上からの受け入れになっているところもあります。0歳児保育は、産休明けから受け入れている園もあれば、「4か月」「6か月」以上としている園もあります。


「6か月から」という保育園に0歳から入りたい場合は、 子どもが6か月になった翌月の1日から 入園が可能になります。
ただし、1歳以上は小学校と同様、4月1日現在の年齢でクラス分けしているのが普通で、 たとえば1歳児クラスには「その年度の4月1日までに1歳になった」子どもが入れます。そのため、
年度途中入園の場合は、1歳の子どもでも0歳児扱いになる場合が あるので、要注意です。

 現在、認可保育園では、1歳児クラスがもっとも待機児が多く、入園の競争率が高くなっています。

認可保育園の入園決定まで

認可保育園の入園は市・区役所に申し込みます。用紙は保育園でも配布しています。
ただし、待機児が多い地域なら、まず役所の窓口で情報収集をすることをお勧めします。 例年の競争率や入園状況、希望園だけではなく周辺の認可・認可外・保育ママの情報も聞いてみましょう。 もちろん、希望の保育園には事前に見学に行き、園長先生とも話をしておいたほうがいいでしょう。

申請から入園決定までの流れを東京都のある区を例に説明すると、

入園申し込み】申請書類には家族の就労状況や入園希望園などを記入します (親が働いているなどの事情で子どもの面倒を見る人がいないことが入園の条件)。
就労証明や源泉徴集票・確定申告控えなどの所得証明も必要です(所得で保育料が決まる)。

調査】市・区役所によって申請書に書かれていることの確認がされます。 たいていは勤務先への電話確認くらいで簡単なものです。

選考】定員に空きがあれば希望する園に入れますが、希望者が保育園の定員を上回っている場合は、 市・区役所の選考会議で保育の必要性の高い家庭が選ばれます。
「保育の必要性」は、外勤で勤務時間が長いほど高いと判定されるのが普通です。 フルタイム常勤が満点で、パート勤務や自営の補助者は点数が低くなります。65才未満の同居の祖父母がいると入園できない場合もあります。

入園承諾】いわゆる入園内定のこと。4月入園の場合は、12月〜1月に申し込みを受け付け、 2月末か3月頭に選考結果が発表されるのが一般的です。

面接・健康診断】面接は、保育園での生活についての事前打ち合わせのようなものが多いようです。 ただし、地域によっては、これが選考会議の前にあって選考が園の意見で左右される場合もあります。
また、健康診断で、集団保育に適さないという判断がされると内定が取り消しになる場合もあります。

認可保育園で間に合わないとき

●認可保育園に入れなかった!

フルタイム保育(1日8時間以上)をカバーできるのは、
 
認可・認可外保育園
 保育ママ

です。認可外や保育ママについてもまず役所で聞いてみること。認可外保育園は
十分に質をチェックして選びましょう (「無認可保育室見学のポイント」参照)。
地元がだめなら、
 
職場近くや通勤途上で預ける(認可・認可外)
方法もあります。ただし、認可の場合は、地元民優先の自治体が多いので要注意。
えいっとばかり、空きのある保育園のそばに引っ越した人もいます。
ベビーシッターやファミリーサポートにフルに預けようとすると、保育料が高くなりすぎるし、ファミリーサポートは地域の互助組織なので、毎日8時間以上の預かり手を探すのは難しいかもしれません。
 
実家の助けを借りられる人はラッキーです。その場合、できればベビーシッターやファミリーサポートなども利用したほうが実家の負担を軽くできます。

●お迎えが間に合わない!

希望の園の開所時間では間に合わないという場合、まず、
 
父親と母親で協力して解決できないかどうか、
も考えてみましょう。フレックスをうまく利用して、片方が朝早く出勤して夕方早く帰るようにしているカップルもいます。 それがだめなら、
 
ほかの保育時間の長い預け先(認可外など)を探すか、
 希望園に預けながら二重保育(実家、ベビーシッター、ファミリーサポート、
 近所の人)か、

ということになります。二重保育にベビーシッターやファミリーサポートに頼む場合、できれば、 子どもと相性がいい人に継続してお願いするほうが親も安心ですし、子どもも安定できます。

●子どもの病気はどうする!

通常の保育園では、病気の子どもを預かる体制になっていません。
子どもが病気のときは保育園を休ませなくてはなりません。どうしても休めないときは、
 
ベビーシッター
 ファミリーサポート
 病児・病後児保育

が預かってくれます。病児保育室は全国に100か所を超えて設置されてきていますが、まだまだ少ないのが現状です。 医療機関併設型、乳児院併設型、保育園併設型があります。 (病児・病後児保育事業はこちら)。
ただし、医療機関併設以外の病児保育室、ファミリーサポートなどは、 急性期(これからピークを迎える症状のとき)は預からないのが一応原則になっています。


HOME 保育園を考える親の会とは?「つうしん」バックナンバー 最近の催し・今後の予定 会員メーリングリスト 手続き保育園を考える親の会の本保育園の基礎知識 | 保育園生活がわかる!データ集学童保育・放課後の基礎知識 放課後生活がわかる!データ集 子どもと親を助ける法律&制度 困った!調べたい!リンク集 働くママ&パパのがやがやトーク親の会からの意見書・要望書民間委託・民営化最低条件10か条