保育園を考える親の会home 保育園に子どもを預けて働く親のネットワーク

学童保育・放課後の基礎知識

このページは、学童保育ってどんなもの?ウチの子大丈夫?というビギナーのためのページです。以下のメニューがあります。

「学童保育」「放課後事業」の種類

●「学童保育」にはどんな種類があるの?

ひとくちに「学童保育」(以下「学童」)といっても、その設立経緯や運営形態から、さまざまな種類のものがあります。


  • 公設公営
    自治体が設立し、運営もするもので、児童館や学校内に設置されている場合が多い。
    正規指導員の身分は公務員で、異動もある。
    保育料は無料(おやつ代別途)の場合が多く、保育料がある場合でも数千円程度の場合がほとんど。

  • 公設民営
    自治体が設立し、運営は民間に委託するもの。児童館や学校内に設置されている場合が多い。

  • 共同保育
    保護者が設立し、運営もする学童。賃貸の場所を借りているところが多く、ハード面が不十分に なりがち(公的サポートが求められる)。
    行政から在籍児童数等に応じて一定額の運営費補助を受けているが、保護者の保育料でまかなわれる部分が大きく、保育料は2万円前後になる場合も多い。
    それでも運営資金は不足しがちで、バザー等を実施するなど運営はたいへんな反面、自分たちの思い描く学童がつくれる柔軟性もある。
  • 保育園運営
    保育園や幼稚園によっては、学童の運営を行っているところもある。 卒園児の保護者等の要望も多いことから、近年その数を増やしつつある。

●「全児童放課後事業」と学童って違うの?

学童は基本的に保護者の就労等で、放課後「保育が必要な」子どもの利用に限定されていましたが、誰でも放課後自由に集って遊べるスペースの提供を目指して設立されたのが「全児童放課後事業」で、横浜の「はまっこふれあいスクール」、川崎の「わくわくプラザ」、世田谷の「BOP」などがあります。
制度としての最も大きな違いは、「全児童放課後事業」は、親の就労の有無にかかわらず地域の子どもたちを定員を設けずに受け入れる事業である点。就労家庭の子どもの保育という観点から、定員を設けて実施されている「学童保育」とは、子どもと指導員の関係が異なっています。東日本大地震のとき、子どもを親のいない家に帰してしまった「全児童放課後事業」があったことなどは、反省点です。
おやつを出したり、出席をとったり、無断欠席は保護者に連絡するなどの「学童保育」的な機能をもつ「全児童放課後事業」も増えつつありますが、自治体ごとも違いも大きいので、今後も質の向上を求めていくことが必要です。就労家庭の子どもが安心して過ごせるためには、「学童保育」部分だけでも、定員を設けて適正規模にしていくことも求められます。

→参考「2006年全児童放課後対策事業アンケート

放課後生活Q&A

  1. 鍵の管理って、みんなどうしているの?
    紐がコイル状になったキーホルダーにつけて、ランドセルの内ポケットに見えないように
    しまっておくのが基本。 「首からぶら下げ」は紛失の原因になるので厳禁。
  2. 朝、私のほうが早く家をでます。どうしたらいいの?
    時計がよく読めないなら、「このテレビがはじまったら家を出るんだよ」といった方法も。
    またお友だちの家に寄って行く、朝1時間だけ近所のかたにシッターを依頼するといった方法も。
  3. 宿題のフォロー、どうしましょう!
    学童でも宿題はできる。ただし本人に「遊びの前に宿題を片付けよう」 という意志があればの話……。「家に帰ったら宿題をして待っている」 のがいいのか、学童でやるのがいいのか、いくつかの方法を提示して、 本人に選択させてもいいかも。
  4. 長期の休みはどうしてる?
    通常夏休みの学童は8:30頃から始まる。 学校のプールへも学童から行かせてくれたり、夏休みならではの イベントを実施する学童も多い。宿題も、朝かならず学習の時間を 設けている学童が多いので、宿題に関してはあまり心配はいらない。 また事情が許せば、地方在住の祖父母のもとで過ごす子どもも。
  5. 私立の子も地元の学童を利用できるの?
    私立でもまれに学校内に学童を設置しているところがあるので、 そうした学校を選ぶのもひとつの手。でも基本的には、自分の学区 域内の小学校の学童に通えるし、民間の学童であれば、多くの場合 受け入れ可能。
  6. 留守番ってほんとにできるの?
    不安があれば、慣れるまでシッターさんをつけるのもひとつの手。あとは携帯電話等で
    親といつでもすぐに連絡がつくと思うだけでも、 子どもは安心するもの。入学前に隣近所にあいさつしておくのも ひとつの手。
    また帰宅時間は、子どもには余裕をもって伝えることも鉄則。


HOME 保育園を考える親の会とは?「つうしん」バックナンバー 最近の催し・今後の予定 会員メーリングリスト 手続き保育園を考える親の会の本保育園の基礎知識保育園生活がわかる!データ集学童保育・放課後の基礎知識放課後生活がわかる!データ集 子どもと親を助ける法律&制度 困った!調べたい!リンク集 働くママ&パパのがやがやトーク親の会からの意見書・要望書民間委託・民営化最低条件10か条